増田アーツ&クラフトとは

The Last Porcelain Decorator of Yokohama (ザ ラスト デコレーター オフ ヨコハマ)

最後の横浜焼絵付け人


横濱交易西洋人荷物運送之圖

東京より南に30キロに所在する横浜。日本最大の港を有する港町です。この著名な港町が陶磁器の絵付けの街として栄え、その作品が港から世界中に輸出されていたことを知る人は多くいません。


1876年(明治9)フィラデルフィア万国博覧会を皮切りに、数々の万国博覧会で横浜焼は必ず出品展示され数々の賞を受賞し、世界から絶賛、認知されることになった。1897年(明治30)横浜焼はピークを迎え、街に絵付職人が800名ほどが欧米市場に向け陶磁器を装飾していたという記録が残っている。


TREASURES OF IMPERIAL JAPAN より

この中で実力名声とも一番著名だったのが宮川香山であった。香山の作品は世界の数々の賞を受賞の他にも、現在でも欧米及び国内の美術館でも多く収蔵されている。日本の陶磁器絵付けの街として華々しく栄えていた横浜焼ですが、1923年(大正12)関東大震災及で壊滅被害に遭遇、して1945年(昭和20)の横浜大空襲で全工房が消失。これにより横浜焼の伝統はここで終焉を迎える。


1965年(昭和40年)に私の父、増田博が横浜焼の伝統を引き継ぎたいという想いで横濱増田窯を築窯。職人の技法と最新の近代的技法を取り入れ、東洋と西洋のデザインを掛け合わせた図案を陶磁器に装飾し横浜らしい器を作るという目標を掲げる。


この目標を理念とした横濱増田窯は数々の海外国内のブランド・企業様用の陶磁器を製作を承る。この他にも横浜らしい器を作りにも専念し、自社ブランドとしてその陶磁器を製作。これら一連は多くの人々より有難くも多くの賛美を頂き、横濱増田窯が手掛ける横浜焼は間違いなく横浜の精神を引き継いでいると評されました。しかしながら近年経済環境の劇的な変容に従い、横濱増田窯は2015年に閉窯。


そして現在、父に従いながらも横濱増田窯に30年従業していた私、増田博一が横浜焼の最後の絵付け人として残る。街も世界が凄いスピードで変容する中、多くのモノが消え去りそして忘れられていく。そうであってはならないモノは、声を上げて継承し再構成されなければならない:我々は何処から来たのか 我々は何者か そして我々はどこへ行くのかと。これらを頭の片隅に置いて、私は増田アーツ&クラフツという新しい工房で横浜や横浜焼の精神を反映する陶磁器をデザイン及び絵付けをしてます。